FCグリフォン 岐阜少年サッカークラブチーム

~少数精鋭・ドリブル集団・目先の勝利よりも個の育成~

夏休みを振り返り

夏が終わりました
 
遠征何回行ったのか
 
マイクロバスでどこを回ったのか
 
よくわかりませんが、試合の内容や個々のプレーは
 
鮮明に記憶に残ってます。
 
夏休み対戦頂いたチームには本当に感謝です。
 
参加してくれた選手、ご協力頂いた保護者の方々
 
ありがとうございました。
 
この夏、色々感じたことがありましたが
 
母校の静岡学園に選手を連れて行った際に
 
J下部の様なエリート軍団に能力以外で対抗し、全国1位を本気で目指す
 
高校サッカー部の在り方を痛感した。
 
じゃあそこに加わってもサッカー出来る選手を育成するには・・・
 
逆算すると、まだまだ甘い部分があった。
 
全員の目標がソレではないが、拘りや信念、理想は高くないと育たない
 
自分も説得力のある大人にならなくては
 
夏の刺激を整理し、今後の育成にプラスしていく
 
 
嬉しいこと    
 
①9月になりちびっこの選手が増えた
        
単純にかわいい、しょっちゅうケンカしてるがすぐ仲良くなる 
 
上手くなるだろうし、サッカー大好きに、ドリブル大好きにしたい
 
 
②8月下旬~ ジュニアユースの体験に
 
6年生が3~4名くらい来てくれてる。
 
水曜も1名来てくれた。 まだ中③がいる時に来た方が
 
3年間でどう育成していくかがわかりやすいと思う。
 
でもやっぱりうちはドリブルです
 
興味がある子は遊びに来て下さい。
 
 

残念なこと
 
ここ2年くらい辞める選手の辞め方が気になる
 
まぁご家庭の教育方針だからしょうがないが
 
選手自ら直接言いに来るのが筋なんちゃいます?
 
メールや電話で親が連絡してくるのは違いますよね
 
『けじめ』っていう教育は現代社会では絶滅したのかと思う
 
でもきちんとされている方もいたのは事実
 
選手に不利益のないようすぐ対応もしているし
 
なるべく何も言わず聞くようにしてますが
 
きっとそうゆう子供が社会に出て、欠席連絡を親に頼んだりするんやろう
 
退職や欠席もメールで済まし、無断欠席やとんだりするんやろう
 
残念で仕方ない
スポンサーサイト